長年、穂高養生園でワークショップを主催し、当園を訪れている働き方研究家の西村佳哲さん。

「一緒に冒険をする」は、養生園代表の福田俊作をはじめ、あらゆる分野で活躍するゲストと交わしたインタビュー集です。

「治療ってなんだろう?」養生園をひらいて30年以上の年月の間、福田が考えてきたこと、ゲストへの思い。養生園のはじまりの歴史も詰まった一冊です。

 

西村さんより

『僕にとってインタビューは、目の前の人と出かける小さな冒険だ。どこへ辿りつくかあらかじめわからないし、語りながら相手も変わってゆく。自分の視界も変わる。そもそも、生きていることは変わってゆくことなんだろう。仕事も生活も2度とないことばかりで、誰も同じところに留まっていない。みんな冒険の真っ最中なんだ。奈良の図書館でひらかれたフォーラムを軸に、約10名のゲストと交わした、働き方・暮らし方・未知のものへ向かう楽しさをめぐるインタビュー集です。』

西村佳哲著:一緒に冒険をする

¥1,980価格
  • 西村佳哲

    1964年東京生まれ。プランニング・ディレクター。神山つなぐ公社理事。リビングワールド代表。働き方研究家。武蔵野美術大学を卒業後、大手建設会社を経て「つくる・書く・教える」大きく3つの領域で働く。開発的な案件の相談を受けることが多い

  • Instagram ブラックアイコン
  • Facebook ブラックアイコン