焼き物の町として知られる栃木県芳賀郡益子町。

陶芸家・佐藤敬さんの工房は中心地からすこし離れた静かな山の中にあります。

 

最初にこの場所を訪ねたのは、穂高養生園の新棟を建てていたとき。

新しい棟で使う食器を求めて、佐藤さんの工房を訪ねたのでした。

 

佐藤さんの作る食器は「民芸品」であることを大切にしていて、使いやすく、気取らない。

シンプルな日常のはじまりでありたいと考える新棟にもすんなり馴染んでゆきました。

 

佐藤さんがひんやりとした工房のなかで淡々とろくろを回し、器を形作ってゆく姿をみていると

心がしんと静かになるような、そんな感覚を覚えます。

 

このオーバル皿はカレーやパスタにはもちろん、毎日のお惣菜を少しずつ盛り合わせるだけで、豊かな食卓を表現してくれる一枚です。また、家族みんなで囲む食卓の大皿としても活躍するでしょう。

楕円形の印象的な形状が、スパイスを加え、一味違ったテーブルに。

どっしりとした存在感に、日々の食卓を安心して預けられます。

1つ1つが釉薬のかけ具合などによって表情もわずかに異なり、毎日使うにつれて手に馴染む。

どことなくただのモノではなく、生きているような食器です。

 

色はツヤをおさえた淡い黄色の粉引。白に近いグレーに見える部分もあります。また、釉薬が濃くかかっているところはツヤがあり、大小の鉄点もあります。どのような表情のものになるかは、おまかせの発送です。ご了承ください。

 

 

価格は税込です。

佐藤敬さんの益子焼オーバル皿

¥3,500価格
  • サイズ:長辺約265mm×短辺約190mm

    高さ:約30mm

    ※1点1点手作りのため、サイズや色合いについても1点1点微妙に異なります。写真やサイズは目安としてご覧ください。