【ご購入前に】お花の苗と土は、他の商品と別送のため、個別に送料がかかります。(通常配送です/ハーブ苗と土のみ複数購入する場合は1回分の送料でお送りします。)苗と土以外の商品については、別途購入手続きをしていただきますようおねがいします。また、ハーブ苗は宿泊時の受け取りはなく、配送のみの対応となります。

・苗2セットまで、土2セットまでは箱に同梱可能です。それ以上の発注や多量の土を発注いただいた場合は、追加の発送料金がかかる場合があります。たくさんの発注をご検討の方は事前にご相談ください。

【予約販売】現在の発送予定はこちら:

2022年7月19日(火)正午予約締め切り、7月22日(金)発送予定

 

●「聖なるハーブ」3種セット

市場ではなかなか手に入らない、神聖なハーブ3種をセットにしました。

※養生園スタッフはみによる、育て方と利用方法の解説書付き

 

1)ホワイトセージ(非耐寒性多年草)

ネイティブアメリカンの間で神聖な植物として祈りの場や魂の浄化のために使用されてきた薬草です。力強い香りで心を清らかにしてくれます。

集中力・自然治癒力を高めるとも言われています。

 

2)ブラックセージ(非耐寒性多年草)

ネイティブアメリカンの間では、ヒーリングや予知、未来のヴィジョンを見るために利用されてきました。眠るに焚けば予知夢を見ることができるとも伝えられています。ヒーリング効果が高いといわれているため、運転前などの使用は避けます。

 

3)クリシュナトゥルーシー(一年草)

葉、花とも紫がかったものがあり、ホーリーバジルの中でも、薬効が高いとされる。メディカルハーブの代表的な存在で、インドの伝統医学アーユルヴェーダでは「不老不死の霊薬」とされてきました。

 

※苗は生き物のため、タイミングや個性によりそれぞれ見た目が異なります。できるかぎり状態の良いものを選別してお送りしますが、写真のとおりのものではないことをご理解ください。また、アブラムシなどはできるかぎりつかない状態でお送りする予定ですが、無農薬のため、どうしても完全に除去できない可能性があります。ご理解のうえ、購入いただきますようお願いいたします。

※ハーブ苗は80cmサイズ以上の荷物になるため、300円の配送料金が苗の代金に含まれています。

 

ーーーーーーーー

穂高養生園のハーブガーデンを彩るハーブやお花の苗を育て、スタッフと一緒にガーデニング作業をしてくださっているのが、長野県諏訪郡富士見町のハーブ苗農家・SOMEDAY(サムデイ)の板村浩之さん。

 

板村さんとおこなう毎月の庭しごとは今年で9年目をむかえ、おかげで養生園のハーブガーデンも年を追うごとににぎやかになってきました。

板村さんが育てるハーブ苗のこだわりは、原種やそれに近い品種を扱うこと、八ヶ岳の美しい湧き水を使って育てること、そして科学的な農薬や殺虫剤を使用しないことです。

 

科学的な農薬や殺虫剤を使用せず、必要なときには木酢液やプロポリスなどの自然素材を用いて防虫をおこなう板村さん。

 

出荷前に水で苗を洗ったりと、手間はかかりますが、安心・安全なハーブを届けるために日々ていねいな作業が続きます。

板村さんと庭しごとをしながらハーブやお花の話をしていると、そこにあるハーブと人間、そして自然への愛情とやさしさにハッとさせられることも。

そんな愛情とやさしさを受けて育った苗は、自然のままの力強さをもっていて育てやすく、長くおつきあいできるように感じます。

 

板村さんは毎年、100種以上のハーブやお花の苗を育てていますが、

今回は、おうちYOJOENスタッフがセレクトした3種のハーブをセットにしてご紹介します。

 

養生園のハーブガーデン担当のはみちゃんによる育てかたや利用方法の簡単な解説書を苗に同梱します。また、植え替えの方法は動画でご紹介します。そちらも参考にしてください。

 

【生産者の板村さんよりメッセージ】

八ヶ岳でハーブの苗を育てている、「サムディ」の板村です。

長いことハーブの苗を作っていると、「いい苗ってなんだろう」と考えることがあります。

園芸センターなどで店頭に並んでいる苗は、病気や虫がいなくて大きく、花が咲いていて元気な苗がいい苗というのが普通の考え方だと思います。

実は、肥料や農薬を使うことである程度そういった元気な苗をつくることはできるのですが、「本当にそれでいいのかな?」と思うのです。

特にハーブは、人の口に入り、料理を美味しくしたり体調や心の不調を整えるという役割を担っています。それはある意味で「祈り」ですよね。

日本には古くから「自然崇拝」という「祈り」の文化があります。巨木や巨石、山や川、それらのものに祈りを込めます。

ボクは思うのですが、ハーブを利用する人たちはそれに似ていて「ハーブに祈りを込めて」いるのではないだろうかと。

おおげさにいえば巨木や巨石や山や川には「神様が宿っている」と考えるから祈るのであって、ハーブにも宿るものがあると考えれば、きっと使う人にとってもっと力強いものになっていくだろうと思うのです。

ボクはボクたちからお送りする苗にまだ何かわからないけどその「宿るもの」があればいいなァと思っています。

そして、おうちYOJOENを通してみなさんにお届けする苗に、苗だけじゃない何かも一緒にお届けできればなァと思います。

そのためにはボクやスタッフ自身が清らかな心と体でいなきゃですね。

(サムディ 板村浩之)

 

 

●ポット苗の植え替えは、露地植え、鉢植え、寄せ植え、単体、、、 どのような方法がベストでしょうか?

 

板村さん: 露地植えは地面に植えるわけだから大きく根を張ることができるため 、株も大きくなりその分収穫量も大きいです。

デメリットは植える環境を整える必要があること。

例えば。水はけや日当たり、土作り‥。

それから、高温多湿を嫌うのに雨が多い‥。

日当たり風通しなどのために草を取る‥ 。

そもそも植える地面が無ければできません。

 

鉢植えの場合は露地植えのデメリットをクリア出きるメリットがあります。 水はけの良い土で日当たり良く風通しの良い場所に移動できる。

雨が降ったら軒下に入れ、水が乾いたら水をあげる。

さらには、キッチンの近くなど身近に置いて置けるからすぐに使うことが出来ますね。

ハーブを身近に置いて癒されたい、という人には鉢植えが合っているかもしれません。

 

じゃあ単体と寄せ植えはどちらがいいのか?

結局寄せ植えを選ぶ人は場所をあまりとらず、おしゃれに飾り、 かつ使えるメリットがあるからなのではないだろうかとおじさんは思います。

 

露地植えのときに言ったように、風通しと日当たりのことを考えると 単体で植えたほうが風通しはいいデスよ!

寄せ植えをするにしても2週間3週間後を想定してうえないと 最初は美しいけど、そのうちとなりの植物の葉っぱの影にされてしまって、 気が付くと下のほうから蒸れて茶色くなって、 そこから雑菌が入ってしに至ることも良くある話。

 

良く花の寄せ植えで上手にやる人がいますが、 その人たちは一番美しいときのピークを知ってて毎日のように手をかけ、 蒸れないコツって知ってるんですよ。

それでも蒸れて死んだらおしまいにして別のものに植え替えるとか、 単体で植え替えるとかします。

 

ハーブの場合、多くは収穫して利用するということをかんがえれば、 最初から単体で植えるとか、寄せ植えにしていても、 蒸れ始めたら植え替えるようにするのが良いと思います。

 

みなさんだって朝起きてラジオ体操する時に大きく腕をふって体操してたら、 隣の家のオジサンの手や腕があたるといやでしょ?

ハーブもホントはノビノビ育ちたいんだよ、 そうすることで収穫量も増えるし、薬効も高くなると思うよ!

 

 

【予約販売】板村さんの「聖なるハーブ」苗3種

¥2,580価格
消費税込み
  • ・苗は、ダメージを最小限にするために生産者のSOMEDAYさんより金曜日に直接発送いたします。そのため、苗の到着は翌日着(土曜着)または翌々日着(日曜着)となります。

    配達日にご不在の場合、運送会社の営業店に持ち戻りされ、苗がダメージを受けてしまう場合があります。最初の配達で受け取れるよう、土曜・日曜日に在宅していただくようお願いします。

    ・ハーブ苗と土以外の商品との同梱はできません。他の商品と一緒に購入手続きをされた方には一旦返金し、もう一度別々に購入手続きをおこなっていただくか、ハーブ苗と土以外の商品を着払いにてお送りさせていただきます。

    ・苗は植物のため、自宅に配送されたらすぐに梱包を解いて状態を確認し、水を与えるなどしてください。

    ・苗2セットまで、土2セットまでは箱に同梱可能です。それ以上の発注や多量の土を発注いただいた場合は、追加の発送料金がかかる場合があります。たくさんの発注をご検討の方は事前にご相談ください。

    ※お花の苗は生き物のため、タイミングや個性によりそれぞれ見た目が異なります。できるかぎり状態の良いものを選別してお送りしますが、写真のとおりのものではないことをご理解ください。また、アブラムシなどはできるかぎりつかない状態でお送りする予定ですが、無農薬のため、どうしても完全に除去できない可能性があります。ご理解のうえ、購入いただきますようお願いいたします。