※2020年11月初旬より順次発送いたします。

 

2020年産の自然栽培米です

毎日いただくものだから、本当に安心できる美味しいお米をたべたい。

養生園には、そんな思いで自給用にお米を作っているスタッフが沢山います。

無農薬、無化学肥料、無動物性肥料、小さな田んぼだから大型機械をできるだけ使わない自然栽培。

そうして作られたお米は周辺の自然環境においては負担が少なく、食べる人の心身にとっても喜び以外のなにものでもありません。

 

自然栽培のお米を炊き上げると、ふっくらしててピッカピカ。一粒一粒が命をいっぱいに満たしているような豊かな姿。

食が健やかな心身をつくるのだとしたら、これ以上に適切なものはないかもしれない、そんな風にも思える「はざ掛け天日干し米〜2020年穂高養生園産〜」は、おそらく今年限りの養生園米です。

 

養生園米のはじまりは春のことでした

今年の春、誰もが想像をしていなかった新型コロナウイルスの世界的蔓延による影響で養生園も通常通りの開園をすることができませんでした。

そんな時、幸運にもスタッフの自宅近くに長年有機栽培をしている田んぼを借りることができ、養生園での自然栽培のお米作りがはじまりました。

 

できるだけ手を使い、時間をかけて

初夏、自宅の田んぼで10年近くつないできたコシヒカリの種もみを育苗し、一本一本スタッフ総出で丁寧に田植え。

夏の除草作業も苗を傷つけないよう全部手作業でおこないました。とても時間がかかり大変ですが、水中にいるたくさんの生き物を見ているとぐんぐん育っている苗も嬉しそうに見えてくるので不思議です。

 

そして秋、長い時間をかけてたわわに実ったお米を鎌でザクザクと刈っていくと、地面の下からは稲に隠れていた小さなクモやコオイムシがわっと逃げてゆきます。田んぼにつくられた豊かな生態系を思い、収穫の喜びとともに思わず笑顔になる瞬間。

 

収穫後は、はざ掛けして太陽光を浴びながらゆっくりと乾燥

通常の栽培方法のお米はコンバインという大きな機械で稲刈り、脱穀を同時に済ませ、そのもみを人工乾燥機にかけます。また、モミ付きだとかさばるので玄米に精米された状態で低温貯蔵されます。

窮屈な環境で貯蔵されている裸のお米は新米の時は美味しいけど、そのあと味が落ちてしまうのが難点。

 

今回の養生園米は稲刈り後、はざ掛けという昔ながらの手法で天日(太陽光)と自然風で約2週間かけてゆっくりゆっくり乾燥させました。

そうすることによって刈り取った稲全部のエネルギーを最後一粒一粒のお米にぎゅっと凝縮。そして脱穀し、モミ付きのまま貯蔵。食べる直前に精米します。

農家さんも自家用のお米だけは手間をかけてこういう方法で収穫する方も多いのだそう。

また、モミ付きのお米は元気に生きているので、次の年の種としても使います。

 

貴重なはざ掛け天日干しの自然栽培米を食卓へ

現在流通しているお米の中で有機米はわずか0.1%。その中でさらに手間暇のかかる、はざ掛け天日干しのお米はもっともっと希少で貴重なのだそうです。

 

毎日いただくものだから本当に安心できる良いお米を。

今年だけの養生園米を是非おためしください。

 

精米の際に石などは機械で除去しておりますが、まれに草の種や、籾殻、籾付きのお米などが入っている場合があります。ご理解いただける方のみご購入ください。

※2020年11月初旬より順次発送いたします。

 

はざ掛け天日干し【7分付き米3kg】〜2020年穂高養生園産〜(農薬不使用)

¥3,600価格
  • ※11月初旬より順次配送を開始します。

    ●7分付き米は、白米と同じように炊飯が可能です。

    ――――

    はざ掛け天日干し米

    名称:7分付き米

    産地:長野県東筑摩郡生坂村

    品種:コシヒカリ

    産年:2020年

    内容量:3kg

    販売者:穂高養生園 おうちYOJOEN

    399-8301 長野県安曇野市穂高有明7258-20

    精米の際に石などは機械で除去しておりますが、まれに草の種や、籾殻、籾付きのお米などが入っている場合があります。ご理解いただける方のみご購入ください。

  • Instagram ブラックアイコン
  • Facebook ブラックアイコン